【新築引っ越しに合わせたい】家電を安く購入する3つの方法

Sponsored Link

新築への引っ越しが決まった方、また引っ越しして間もない方で、家電選びに悩んでいらっしゃる方はいますか?新しく綺麗な新築にはそれに相応しい家電を購入したいと考えていらっしゃると思います。

新居に必要な家電を一般的な値段で購入した場合、約60万円かかってしまうことをご存じですか?

でも大丈夫です、家電を安く購入する方法はあります。

今回は家電を安く購入する3つの方法をご紹介します。

 

新築引っ越しに必要な家電リスト

【新築引っ越しに合わせたい】家電を安く購入する3つの方法完成

まっさらな新築に引っ越しした際に、必要となってくる最低限の家電は以下の通りです。

 

1.テレビ

ニュースのチェック、ゲーム用にと、何だかんだで現代社会には欠かせません。壁掛けタイプであれば場所を取りません。

 

2.エアコン

夏は扇風機、冬はヒーターと、季節によって器具を出し入れするよりも、壁に取り付けられたエアコンは1年中使えて場所も取りません。

 

3.電子レンジ

オーブン、トースター付きのものであれば1台で多彩な料理を楽しめます。

 

4.冷蔵庫

夏場は食べ物がすぐ傷んでしまうので急いで準備したいです。

 

5.照明器具

いざ新居に越したら夜になって照明がないことに気付くという場合が結構あります。

 

6.洗濯機

洗濯物を干す場所がなければ乾燥機付きのものが必要です。マンションであれば静音タイプのものを選びましょう。

 

7.掃除機

階段が多いのか、床掃除がメインなのか、などによって掃除機のタイプも違ってくるので、引越してから少し経ってから購入することをおすすめします。

 

8.炊飯器

炊飯器からは蒸気が出るため上に何も置くことができないので、場所を取ってしまいます。置き場所を確保してからの購入をお勧めします。

 

9.電気ポット

お客さんが頻繁に来る家には、必須アイテムです。

 

10.オーディオ製品

広い新居において、音質のよいスピーカーで聞く音楽は格別です。部屋の作りや間取りなどを考慮してじっくり選びたいです。

 

新築家電にかかる購入費用を安く済ませる3つの方法

 

これらの家電を通常価格で購入した場合、おおよそ60万円ほどかかってしまいます。

引っ越し早々いきなりそんな大金を使うのは厳しいですよね。

そこで、新築家電にかかる購入費用を安く済ませる3つの方法をご紹介します。

 

1.待ってから購入する

2.セット販売で購入する

3.中古品を購入する

 

この3つの方法を勧める理由

 

新築家電にかかる購入費用を安く済ませる3つの方法をご紹介しました。

それではこの3つの方法を勧める理由を解説いたします。

 

1.待ってから購入する

せっかくの新居だからと、あれもこれもと一気に購入しようとしていませんか?ちょっと待ってください。焦って家電を購入してしてしまって後悔する例はたくさんあります。

まずは新居の間取りや生活スタイルを良く考えて、その家電が本当に今すぐ必要なものかどうかを見極めてください。

1年待てば、欲しかった製品が半値になっているなんていうこともあるかもしれません。

 

ということで、待ってもいい家電とその理由を表にしてみました。

商品 待ってもいい理由
掃除機 日常の簡単な掃除であれば、雑巾などでも済ませられます。

3か月は掃除機がなくてもやっていけるでしょう。

炊飯器 電子レンジがあれば、レンジ用のご飯で十分おいしい白米がいただけます。

2分でできてしまうので、案外はまってしまって炊飯器は必要なくなるかもしれません。

電気ポット こちらも電子レンジがあればカップ1杯の水が2分で沸かせます。

無くても困るものとは言えません。

オーディオ製品 ライフイズミュージックの方にとっては必須アイテムかもしれませんが、やはりこちらもしばらくは無くても乗り切れるものです。

 

 

2.セット販売で購入する

家電量販店やホームセンターでは、進学や入社の時期に家電の”セット販売”をしています。

電子レンジ・冷蔵庫・炊飯器・掃除機・洗濯機の新品5点セットが何と5万円で売っているところもあります。

一回で購入して、全部一気に配送してもらえるのは大変魅力です。

しかし”セット販売”が安い理由として、型落ちのものや粗悪な輸入品が含まれているということがあります。ひとつだけ返品というわけにもいかないので、購入にあたっては注意が必要です。

 

3.中古品を購入する

せっかくの新築なので家電も思い切ってすべて新品を購入したい気持ちはわかりますが、時代とともに家電も進化し続けます。

新品の家電は3年もすればすぐに型落ちの中古品となってしまいます。

それならば、最初から中古品を買っても大差ない気がしませんか?ここは節約のために中古品の購入も視野に入れてみましょう。

 

必要な家電の新品と中古品の比較を表にしてみました。

商品 新品 中古
テレビ(液晶・22インチ) 30000円 4000円
エアコン(6畳・工事費を含まない) 60000円 6000円
電子レンジ(オーブン、トースター機能無し) 10000円 3000円
冷蔵庫(2ドア・200L未満) 30000円 1000円

 

何と新品と中古の相場ではこんなに差があります!

ただし中古品は故障など不具合の可能性も高くなります。保証されていないことが多く、電気に詳しくない方は新品を購入する方が無難とも言えます。

 

まとめ

 

【新築引っ越しに合わせたい】家電を安く購入する3つの方法をご紹介しました。

新築だからといって、勢いで新品の家電を次々と購入するのは避けたいですね。

 

1.すぐに必要でないものはまだ買わない

2.セット販売で良さそうなものがあれば購入する

3.中古品も視野に入れる

 

これらのポイントをふまえて、新居に合った家電を賢く入手してください。

Sponsored Link