引越し荷造りが徹夜でも間に合わない時の5つの対処方法

Sponsored Link

初めて引越しをするにあたっての不安、また、荷物が多くて引越し当日に荷造りが間に合わないという方々は少なくないと思います。
なんといっても引越しというのは今までの環境を変え、新たな生活の準備をしていく大切な作業です。

そこで今回、荷造りが間に合わない時の5つの対処法をご紹介致します。

 

荷造りが間に合わない時の5つの対処法

引越し荷造りが徹夜でも間に合わない時の5つの対処方法,完成2

1,荷造りを大きなグループに分けてみる

 

どうしても、時間がない。これはあっち、あれはこっち、、なんてしてるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

そんな時は、【大きなグループ分け】をする事をおすすめします。

私のおすすめな分け方としては、

 

・引越し後すぐに使うもの(家電、風呂セット、寝具etc..

・いつでも整理できるもの(服、本、かばん、食器etc..

 

大きく分けてこの2パターンで、部屋の右と左に分けていくとざっとまとめられます。

どちらにしても引っ越ししてから仕訳するわけですから、どうしても時間がない場合は、ざっくりな分け方でもいいと思います。

 

2,効率の良い梱包

間に合わない!間に合わない!と焦っているとせっかく仕訳しても梱包を焦ってしまって作業が止まってしまうという方もおられると思います。

なので、効率の良い梱包の手順をまとめてみたいと思います。

まずは、ゴミ袋とダンボールを用意しましょう。

業者を決めた後、ダンボールが1度送られてくると思います。もし送られてきていなければ、ゴミ袋とダンボールを用意しましょう。
使用しなくなり忘れていた小物など沢山出てくると思います。大きなリセットをするいい機会です。

使わない小物物は徹底的に捨てていきましょう。

 

次に、ダンボールを閉じた後は、何が入っているのか、転居先のどの部屋に置くか、をダンボールに書いておきましょう。

ざっくり入れているなら、【大きなグループ分け名】でもOKです。

 

 

良く使うものは最後に梱包というかたちにしましょう。

お皿などの割れ物は新聞紙などでしっかり包み割れないようにし、気をつけてください。引越しというのは衝撃や振動が多いです。
(引越し業者によっては、食器は食器専用の箱をくれるのでそれなら新聞紙に包むことなく一枚一枚綺麗に入れられます)(※エコらくBOX←参考までに)

 

注意ポイントとして、ダンボールに重たい物を入れ過ぎない!

ダンボールの大きさで入るだけ物を入れた場合重たすぎると作業員の効率も悪くなってしまいますし、自分で動かす際も重たすぎると大変になってしまうので、最低限自分で持てる程度で軽めにしておくことが大切です。

 

3,業者に連絡する

それでも、どれだけ片付けても間に合わなかった時は無理することはないです。

1度引越し業者に電話して日にちを伸ばしてもらいましょう。

3日前からなら伸ばすことはできます。

引越し業者は前日には当日メンバーや場所へのルート、荷物がどれくらいの量かの確認をしてあるのでできれば3日前〜がちょうどいいと思います。

 

もう前日なのに間に合わないと分かった場合は、その時は、当日に業者一同でお手伝いをさせて頂くことが可能です。

大半は間に合わなくて一同で荷造りをすることが多いので安心してください。

その際は箱にきちんと詰めダンボールにどこにあったものか、どういうものかを確認しながら行います。

 

4,荷造り専門サービス

仕事や家事、また子育てで忙しく荷造りに取り掛かれない。とてもじゃないけど引越しどころじまない。明らかに時間が足りなくて間に合わない。

とういう方には、荷造り専門サービスの利用を勧めます。

荷造り専門サービスとは、その言葉通り、荷造りだけを専門とした業者です。

引越しといえば男性だけのイメージがあり心配な方。大丈夫です、今では女性だけが荷造りサービスをしてくれるものもあるので電話でそのことを伝えましょう。

荷造り専門サービスって高そう…値段はどれくらいなんだろう…という方へ

 

荷造り専門サービス料金相場例

部屋の広さ 料金
1LDK、1DKのケース 20.000円〜30.000円前後
2LDK、3DKのケース 25.000円〜35.000円前後
4LDK、5DKのケース 35.000円〜40.000円台
キッチンのみのケース 20.000円〜30.000円

高くもなく安くもなくという感じです。

 

そこで、引越し業者で荷造りサービスを利用するか、荷造り専門サービスで荷造りを利用するかどちらが安いのか!?

というのは見積もりや業者次第ですが、荷造り専門サービスのほうが比較的に安い場合が多いです。場所によってはどちらも大差はないです。

 

5,断捨離を決行

断捨離とはつまり、ものを捨てるということです。

むやみに捨てるという事ではなく、今自分に必要なものを見極めて、必要最低限のものを手元に残しましょうという事です。

断捨離についてはこちらで詳しく記事にしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください↓

引越し前に断捨離を必ず成功させる5つのコツ

【引っ越しでスッキリする】一人暮らしの断捨離5つのコツ

 

まとめ

 

参考になったでしょうか?
この5つのことから分かる重要なことは、引越しにはどれだけ効率良く進められるかが、重要となると思います。

せっかくの引越しで新居に嫌な気持ちで入るよりワクワクして笑顔で向かいたいですよね。
荷造りで余り焦ることはないです。
無理に頑張ろうとせず、ゆっくり慎重に的確な判断で作業を行いましょう。

Sponsored Link