引っ越しするので保育園へ転園するときの手続き調べてみました

Sponsored Link

せっかく選考を通り保育園に入園させることができたのに、引っ越しをすることになってしまったら、また手続きをしなくてはなりません。お子さんを無事にまた保育園へ転園させることができるかどうか、とても不安になるところですね。

そこで保育園の転園手続きについて、時期、必要書類、費用、注意事項などにわけて詳しく紹介します。

 

引越しのため保育園へ転園するときの手続き流れ

引っ越しするので保育園へ転園するときの手続き調べてみました完成

それでは実際に転園する時の手続きについて解説していきます。

 

いつまでに?

待機児童を抱えている地域への転園でなければ利用希望の前月締切日までに申し込みをすることで、手続きができます。

ですが待機児童を抱えている地域は多く、現在なかなか簡単には入園できません。運よく空きがあればすぐに転園可能ですが、待機児童がいる状態では転園の申し込みをしても4月までは入園を待たなくてはならない、もしくはまったく入園できない場合があります。

まずは転園希望地域の役所に問い合わせてみてください。認可外保育園でしたら、直接あたってみる方が良いでしょう。

他に待機していらっしゃる方のために、転園前の保育園にも転園の旨を早めに伝えるのを忘れないようにしてください。

 

必要なものは?

地域によって異なりますが、一般的に認可保育園の場合は転園希望管轄の役所へ「転園申込書」と「就労(予定)証明書」の提出が必要になります。

認可外保育園の場合は各保育園によって違いますが、各保育園にて入園予約の申し込みをするだけで手続きはおおむね完了し、あとは面接と選考待ちをするだけとなります。

 

「転園申込書」とは

希望地域の認可保育園への申し込みをする書類で、各地域の役所に提出するものです。希望する保育園の第1希望や第2希望を記入し、転園する理由、家族構成、収入状況などを記載します。

 

「就労(予定)証明書」とは

「転園申込書」と共に役所へ提出するものです。勤務(予定)先、給与、育休の有無などを記載します。

 

かかる費用は?

認可保育園の場合は入園料がかからないため、転園も特に費用がかかりません。

認可外保育園の場合は入園料や制服代などがかかるので、50000円程度みておいた方がよいです。

 

スムーズに転園する3つのコツ

 

転園においては子供が慣れるかが一番心配するところかと思います。

手続きはできるだけスムーズに済ませて、早く保育園生活に慣れさせてあげたいですね。

 

1.時間割のチェック

開始時間、終了時間が変わることがあります。また、延長時間も保育園によって違います。

あらかじめ確認し、親の生活スタイルを新しい保育園の時間割に合わせておくことが必要です。

また行事の多さも保育園によって違います、他の親が驚くほど保育園の行事に熱を入れていて、ついていけずに戸惑うこともあります。

 

2.持ち物やルールのチェック

転園すると毎日家から持っていくものが変わります。

シーツ、ゴミ袋、雑巾など新しく持っていくものも出てくるので、早めに確認してください。

保育園にはそれぞれのルールがあり、着替えや検温のやり方が違ったりして最初の頃はとまどうことも多いと思います。

 

3.先生と親の名前をチェック

お子さんに早く保育園に慣れてもらうには、なによりも親が慣れることが大切です。

早く先生や他のご両親と円滑なコミュニケーションを取れるようになるには、名前をまず覚えることが一番です。

 

まとめ

 

引っ越し時に保育園へ転園するときの手続きについて調べてみました。

 

・待機児童がいる地域では転園が難しい、まずは役所に問い合わせる

・認可保育園では転園の費用はほとんどかからないが、認可外保育園は50000円程度かかる

・転園したら子供が早く慣れるために親がサポートする

 

以上のポイントを押さえて、無事に転園手続きを済ませてください。

Sponsored Link